岸井成格 ステージと余命は?(大腸がん)

岸井成格(きしいしげただ)さんが大腸がんを再発したようですが、
「ステージは?」
また「余命はどのくらいなの?」
と気になっている人もいるのではないでしょうか?

岸井成格さんのステージは?(大腸がん)

岸井成格さんの大腸がんのステージは何なのでしょうか?

岸井成格さんは2017年10月8日のTBS系の「サンデーモーニング」に出演されていました。

9月17日以来の復帰です。

しかし、グレーの帽子を被っての出演。


岸井成格さんが降板され、「病気では?」と心配された人もなかにはいたかと思います。

岸井成格さんは自ら「がんの治療でずっと入院してたもんですから。放射線と抗がん剤で色々、副作用あって、ずっと出られなかったです」
とおっしゃっていました。


さて、岸井成格さんは大腸がんを患っています。

初めて大腸がんと診断されたのは2007年11月のこと。

大学時代の仲間から「顔色が悪い」「尋常でない顔色」と言われまたことをキッカケに検診行ったところ、「がんの疑いがある」といわれたそうです。

本人は、よく顔色が悪いと言われており、便通もあまり良くないので、多少気にはなっていたようです。

でも、疲労から来ているんだろうなぐらいにしか思わなかったみたいですね。

大体の男の人ってこんな感じにしか受け止めていませんよね。

だけど、岸井成格さんは、S字結腸がんでした。

その当時、家族はステージ4と診断されたそうです。

しかしその後ステージ2に訂正されたことを明かしています。
出典:https://gansupport.jp/


すぐに手術し、2008年2月には復帰されました。

5年生存期間を経過し、順調と思われていましたが、ここに来て再発したようです。

現在のステージはわかっていませんが、余命はどのくらいなのでしょうか?

岸井成格さんの余命は?(大腸がん)

岸井成格さんの余命をお伝えする前に、大腸がんのそれぞれのステージの状態をご説明しておきますね。

ステージ0
ガンが粘膜の中にとどまっている

ステージ1
ガンが大腸の壁(固有筋層)にとどまっている

ステージ2
ガンが大腸の壁(固有筋層)外まで湿潤している

ステージ3
リンパ節転移がある

ステージ4
遠隔転移(肝転移、肺転移)または腹膜播種がある

【監修】国立がん研究センター東病院 消化管内科 吉野 孝之 先生
久保木 恭利 先生

出典:http://ganclass.jp

余命の指標となる大腸がんのステージ別5年生存率はがんの統計’16によると、、、

大腸がんのステージ5年生存率

ステージ1 89.4%-98.9%
ステージ2 81.7%-91.6%
ステージ3 76.2%-84.3%
ステージ4 17.9%-19.6%

となっています。



岸井成格さんの場合はステージ2でしたから、5年生存率は80%以上ありました。

なので、再発もせずいままでに至っていましたが、、、

2017年に入り、再発してしまったようです。

岸井成格さんの現在のステージは明らかにされていませんが、もしかしたらステージは進んでいる可能性があります。


岸井成格さんの余命についてご説明しましたが、もしかして
「余命は残りどれだけ生きられるかってことでしょう?」
って思っていませんか?


「余命」は大辞泉(小学館)によると、残りの命。これから先残っている命と定義されています。

でも、「余命」の辞書的な意味は、残りの命で間違っていません。


ですが、医学的にはちょっと違うこと知っていましたか?



例えば、余命3ヶ月と宣告されたとしたら、あと3ヶ月しか生きられないということでは医学的には違うということです。



余命とは、『生存期間中央値』のことを指すようです。



「『生存期間中央値』とは?」って思ったかもしれませんが、

『生存期間中央値』とはmedian survival time(MST)のことです。簡単に説明しますと,もし再発し,手術ができない胃がん101人の患者さんがある治療を受けたとします。この患者さんが実際にこの治療によりどのくらい生きることができたかについて,期間が短い方から長い方まで順にならんだ時,ちょうど真ん中の51人目の方の生きられた期間が中央値になります。

出典:http://minds.jcqhc.or.jp/

だそうです。



こんなイメージ図がわかりやすいです。

画像引用:Minds(マインズ)ガイドラインセンター

例をあげたほうがわかりやすいですかね。
たとえば100人の患者さんがいたら、50人目が亡くなった時点が生存期間中央値となります。

上図でいうと3年ということになります。

なので、余命3年というのは、3年しか生きられないという意味ではありません。

すでにご存じの方ももちろんいるかと思いますが、参考までにご紹介しておきました。

それにしても、岸井成格さんは復帰されたものの激やせぶりが心配です。

岸井成格さんは歯に衣を着せない論調が時には批判を浴びることもあります。

でも、いまの日本には岸井成格さんのようなズバッと意見を言ってくれる人が必要かと思います。

賛否両論あるでしょうけどね。



とにかくサンデーモーニングを休み、降板した理由はがんの再発でしたが、岸井成格さんのプロフィールをここで簡単にお伝えしておきましょう。


岸井成格さんのプロフィールは?

岸井成格さんのプロフィール

名前:岸井成格(きしいしげただ)
生年月日:1944年9月22日(現在73歳)
高校:慶應義塾高等学校慶應義塾大学法学部法律学科を
大学:慶應義塾大学法学部法律学科

慶應義塾大学卒業後、毎日新聞社に記者として入社された岸井成格さん。

長年、毎日新聞社主筆を務め、毎日新聞社特別編集委員をされながら、NEWS23のキャスターをされていました。

現在はコメンテーターとして活躍されています。


大腸がんを再発してしまった岸井成格さん。

ちょっと心配ですね。

岸井成格さんの鋭い論調には批判も多くあり、大腸がん再発で無理をしないでほしいという意見も出ています。




自分がガンになって、そんなことを言われたら、どう思うんでしょう?

無理をしてでも、今の政治に物を申したいという岸井成格さんのような方が、わたしは今の日本に必要な方だと思います。

無理は禁物ですので、無理しない程度に、今の日本をズバッと切ってもらいたいです。

人を批判する前に、まずは自分の健康を見直し、万が一の時のために家族の保険を見直すこともオススメいたします。まずはこちらからFPにご相談してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

お読み下さり、有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする