太陽フレアの影響 過去の被害は?

太陽フレアの影響がどれほどなのか、気になっているかと思います。

過去の事例はあるのでしょうか?

太陽フレアの影響は?

太陽フレアとはどんなものなでしょうか?

太陽フレアは太陽の黒点で発生して、表面から大量の物質等が噴出されます。

大規模な爆発であり、既に其の爆発は起こり、その際に発生した紫外線やX線や電波やコロナガスが地球に届く予測が注意喚起の時間帯からとなります。

人体に影響は無いとしながらも磁気の狂いが生じてインフラに影響が出る可能性が高まります



2018年の太陽フレアは通常の1000倍と言われています。

この影響による衝撃波が地球に達したと報道されました。

太陽フレアによって、磁場の乱れが観測されたというのです。

そうなると、スマホやインターネットにも影響が考えられます。

最も注意しなければならないのが、2017年9月8日15時からです、言われていましたが、すでに到達が早まったようです。

人体に影響はないと言われていますが、通常の1000倍の太陽フレアです。

注意したほうがいいかもしれませんね。

ところで、過去にはどのような影響があったのでしょうか?


太陽フレアの過去の影響は?

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、1989年3月に太陽フレアが発生した際、カナダのケベック州で12時間以上にわたり停電が発生したことが確認されています。

空港や学校が閉鎖されたほか、地下鉄が運行を停止するなど、市民生活に大きな影響が出たことがあります。

また2003年にはスエーデンで停電、さらには日本の人工衛星が故障したという影響も過去には出ました。

当時よりも、スマホやインターネットが身近に鳴っています。

よって、過去より大きな影響が出る可能性もあります。

・停電

・通信障害

・GPS機能の誤差や停止

などが考えられます。

パソコンの電現は切っておいたほうがいいかもしれません。

また高速道路、電車、飛行機などの使用は極力避けたほうがいいでしょう。

電車が停まり、旦那さんが家に帰れないという事態に陥る可能性も十分にあります。

数日間から1週間にわたってさまざまな影響が出ることが考えられます。

はっきりいうと、個人で取れる対策はあまりありません。

ですので、9月8日以降に通信関連の障害がおきた時には「太陽フレアのせいかな?」と、頭に入れておくのがよろしいでしょう。


この数日間に、たとえ旦那さんとの関係が悪くなっても、それは太陽フレアの影響ではないと思いますので、、、

お読み下さり有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする