台風18号 関東の影響は?沖縄と大阪に接近か?!【2017年】

台風18号が関東に影響あるか、心配ではないですか?

沖縄に上陸し、大阪にも接近するのでしょうか?

最新の進路状況をご案内いたしますね。

台風18号 関東の影響は?

12日午後3時50分発表の5日間予報によると、台風18号は13日(水)に沖縄の先島諸島に最も接近。

東シナ海を北上した後、15日(金)頃から進路を東よりに変え、「く」の字を描くように急カーブするみたいです。

16日(土)には九州など西日本へ接近・上陸の恐れがあります。

17日(日)の予報円は特に大きく描かれており、進路はまだ定まっていません。

ただ、台風の進路次第では、関東も影響を受け、三連休に雨や風が強まる可能性があります。

三連休お出かけしようと思っていた方もいらっしゃるかと思いますが、非常に微妙な天気になってきました。

もう少し台風18号の動きを見て、決めたほうがいいかと思います。

台風18号【タリム】2017年の最新情報(10時30分時点)

大きさ    –
強さ     強い
方向・速さ  北西 15km/h
中心気圧   965hPa
最大風速   40m/s
最大瞬間風速 55m

ちなみに、タリムはフィリピンの言葉で「鋭い刃先」という意味です。

台風18号の影響が出そうなところは、関東だけではありません。

台風18号の沖縄と大阪は?

3連休は日本縦断の恐れがあります。

台風18号は先島諸島を通過して中国大陸に接近した後、進路を東に変えて3連休は日本列島を縦断する恐れがあります。

なので、沖縄地区の方は、特に注意が必要です。

台風が直撃する先島諸島は暴風雨、高波、高潮に注意してください。雨のピークは明朝までの予想ですが、その後も風が吹き荒れます。

土砂災害や河川氾濫、倒木や建造物の倒壊などの恐れがあるため、外出は控えたほうがいいでしょう。

また沖縄本島や奄美諸島も強風による横殴りの雨に要注意です。

さらに、日本列島縦断すると、大阪にも影響が及びそうです。

大阪に影響が出るのは、16日(土)午後。

3連休初日ですね。

ただ、この予想はあくまでも台風が日本列島に直撃した場合です。

台風が直撃しなくても、台風周辺の湿った空気が本州付近にたっぷり流れ込むため、雨の量が多くなることも考えられます。

今後の台風の進路には注意が必要ですので、最新の台風情報と気象情報を確認してください。

お読み下さり有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする